写真データに埋め込まれた情報にご注意!

とても便利に使っているスマートフォン(iPhone/Androidなど)のカメラや、デジタルカメラは、通称Exif「エグジフ」(もしくは「イグジフ」)という情報(メタデータ)を含み、富士フイルムが開発し日本電子工業振興協会 (JEIDA)で規格化された写真用の画像フォーマットです(Wikipediaより)。
撮影日時 (日付と秒までの時刻が付加)、位置情報(GPS付きカメラや携帯電子機器の場合)、撮影機器のメーカー名(製造・販売元)、撮影機器のモデル名等々様々な情報が画像データに埋め込まれます。
自分のMacの写真アプリから「撮影地」で仕分けされて見れたり、とても便利で有用な情報なのですが、よくよく考えると、個人情報だだ漏れのリスクを背負っているのです。
画像処理で、モザイクをかけて安心と思っても、目に見えないExif情報で、位置情報が残っていたりすることもあるのです。
スマートフォンで、撮影時の位置情報をオフにする設定もあるのですが、日記的に記録を残したいのでオフにできない事情もあり、写真を公開する際は、Exif情報をカットするアプリで情報削除処理を施しています。
ネットストーカーの脅威から、主だったSNS(Twitterやfacebook等)は、位置情報は公開時に削除されているとのことなので、取りあえずは安心できますが「転ばぬ先の杖」セキュリティ対策は常に意識を高めているようにしましょう。

私が使用しているMac用Exif削除アプリ(サイズ最適化も同時に処理します)
ImageOptim (App Storeからダウンロード)

ビジネス・プライベート、様々な問題の解決は法務の専門家にお任せください。

サンフランシスコマップ
最新情報をチェックしよう!
>豊かなくらしをあたりまえにするために。

豊かなくらしをあたりまえにするために。

ビジネス・プライベート、様々な問題の解決は法務の専門家にお任せください。